「うる星やつら」の博物 誌

原作 コミックス・ワイド版 01.03 悲しき雨音
テレビアニメ 第二話 町に石油の雨がふる!

主な登場人物

・メガネを中心とする、ラムちゃん後援会
・あたる
・しのぶ
・星間タクシーの運転手
・あたるの父
・あたるの母
・ラム


あらすじ

ラムちゃん後援会は、星に帰ったラムを呼び戻そうと、嫌がるあたるに、数学のテストのカンニングという餌で釣り、UFOを召還する儀式 を行う。

それは、皆で手を繋いで輪になり、「ベントラ・ベントラ・スペース・ピープル!!」と心の中で念じるというものだった。

しかし、やって来たのは見知らぬUFOだった。そして皆はUFOに吸い込まれてしまう。あたるが、わけが分からず、「うちに帰る」と叫ぶと、UFOはあた るの家へ飛んで行き、皆を屋根の上に降ろす。実はこのUFOは星間タクシーだったのだ。

ほっとするもつかの間、タクシーの運転手に運賃を請求される。その料金が、地球の石油含有量と同じだという。こうして星間タクシー組合の、地球への石油取 立てが始まり、諸星一家は窮地に立たされるが、そこへラムが現れ、同居することを条件に代金を肩代わりするという。

あたるは、それを拒絶するが、周りがそれを許さず、結局ラムに料金を立て替えてくれるようにとお願いすることとなる。


ベントラについて

UFOを召還する儀式についてなのですが、この「ベントラ」とは何なのでしょうか?  Google などで検索してみると、それは、宇宙語で「宇宙船」という意味なのだそうです。スペルは、「Ventra」あるいは「 Ventla」だそうです。だとすると、「ベントラ・ベントラ・スペース・ピープル」とは、「宇宙船・宇宙船・宇宙人」と言っているということになるので すが、どうも不自然です。もしかすると、「ベントラ」とは、「おいでなさい」というような意味ないのでは?  「おいでよ・おいでよ・宇宙人」というのならなんとなく意味が通じます。

と、このように推測して、Ventra を辞書で調べてみたのですが、英語の辞書には見当たりませんでした。大抵こういったものは、エスペラント語やラテン語などでハッタリをかますものなので、 それらの辞書を見てみました。・・・、エスペラント語の辞書には、「ventra」は「腹」とありました。まあ、これは却下です。

ラテン語の辞書にも、Ventra は載っていなかったのですが、「ventio」という単語が載っていました。意味は、「到来・到着」です。また、ventilare という単語は、「空中で振り回す」というような意味だそうです。どうもこの辺が臭いようですが・・・・でも、一番可能性が高いのは、「口からでまかせ」

*****************************************************

と、書きましたが、Ventra は、やはり宇宙船という意味だそうです。 George Van Tassel  という人が、宇宙人とテレパシーで交信したのに由来するそうです。詳しくは、次のページをご覧下さい。 ジョージ4 

それから、アメリカのカルフォルニアには、Ventura郡 というところがあり、そこは、アメリカの軍事産業や宇宙産業の拠点だそうです。
2004/7/26日 追加


雲助タクシー運転手

日本では、悪徳タクシーなどというのは聞きませんが、海外では「道を遠回りされた」とか、「倍の金をふっかけられた」などの話をちらほ ら耳にします。

時代劇をよく見る人ならば、ご存知でしょうが、日本でも江戸時代の「駕篭かき」には、ひどいことをする人もいたようで、気の弱そうな人を無理矢理駕籠に乗 せて、大金をふんだくったり、若い女の人を無理矢理乗せて、道からそれて、よからぬことをしたり・・・・こういうのを、雲助というそうです。

落語には、駕籠かきが出てくる噺が数多くあるのですが、その中で面白そうな話を一席。


落語 蜘蛛駕籠

 駕籠屋が鈴が森で、客を乗せると、客は一分のところを二分払うという。駕籠屋は喜んだが、かついでみるとやけに重い。実は、客がうま い具合にごま かし、二人乗っていたのだ。

 そのうちに中の客が相撲をとりはじめたので、駕籠の底が抜けてしまう。駕籠屋が怒ると、客は、

「修理代は出すから、先へやってくれ」と言う。

「やれったって底が抜けて担げません」

「いいよ、俺たちが駕籠の中で歩くから」

 と、二人の客は駕籠の中で歩き出した。これを見た子供が、

「父ちゃん、おもしろいよ。駕籠の中から足が四本出て、駕籠屋と合わせて八本あるよ」

「あれがほんとの蜘蛛駕籠だろう」


注: 蜘蛛は、足が八本あるので、クモスケ駕籠屋とクモをかけた。

この噺を聞いて、チキチキマシン猛レースの、ギャング・セブンを思い浮かべた方もいるのではないでしょうか。

実は、ギャング・セブンの子分たちが、車を担いで走るのは、この蜘蛛駕籠からヒントを得ているという事実は全くありません。


チキチキマシン猛レース 
ギャグセブン の子分たちが、車を担いで走っているところ。


情けないあたる


(ラムちゃん、本当に鬼や!)


これは、あたるが、星間タクシーの運賃の肩代わりをラムに頼んでいるシーンです。うる星やつら全巻を通して、これほど情けないあたるの姿は、他には見当た らないように思います。

もしかすると、このころのヒロインはラムではなく、しのぶだったのではないでしょうか? とすると、ラムは敵役で・・・・鬼娘に無理矢理おしかけられて、同居するはめとなった悲劇(喜劇)の主人公あたると、しのぶとの、ドタバタ恋愛劇が期待さ れていたのかもしれません。

この時のあたると、最終話「ボーイ・ミーツ・ガール」のあたるを比べてみると、物語の構造が見えてくるかもしれません。


2003/09/21日
このサイト内の文章などは、無断で使用することを禁じます。
使用したい方は、メールでお問い合わせ下さい。



HOME   FRAME
inserted by FC2 system